水際線のトータルプランナー
株式会社 渚技研

sitemap

福井県 県産品指定

  実験結果はコチラ
   施工の様子を撮影しました。
   崩壊した法面の復旧に強化カゴを使用しました。
   施 工 の 様 子

   強化カゴの製作方法と構造の変更に伴い
   製品の強度(変形)を確認する実証実験を行いました。
   実証実験の様子と結果

1.製品特徴 

鉄筋かご式ふとんかご
  従来から用いられてきた「ふとんかご」を施工ヤードで製作し、クレーンにより吊り上げて敷設出来るように
  改良した製品です。従来の材料である番線の代わりに鉄筋を使用したことにより「ふとんかご」の強度が
  飛躍的にアップしました。吊り上げても型くずれ、変形することがありません。




2.施工方法

①強化カゴを組み立てヤードに仮置きします。

③ふとんかご天端の中詰材を均します。

⑤クレーンにより計画位置に据えつけます。

 当社の施工管理事業部において、ふとんかごの組立て、石詰め、据え付け工事等、
 施工一式を行っておりますので、ご不明点などがありましたらお気軽にご相談下さい。

 
 強化カゴのカタログはこちら「強化カゴ」カタログ ダウンロード


3.製品使用例                                    

〔河川根固め工〕                                  

中詰め材料を詰めた後に移動・設置出来る特徴を生かし、水替え、又は瀬替工なしでクレーンにて水中施工が可能。鉄筋篭に防砂シートを併用することで、中詰め材料は、再生材・クラッシャーラン等を使用することが出来ます。

〔土砂止めダム工〕                                 

高強度で多段積みしても変形しないこと、また排水性に優れる利点を生かし、残土処理場、渓流の土砂止め工として利用可能です。

〔仮設工事〕                                    

設置・仮設撤去が簡単で、鉄筋篭の強度が高いことで繰り返し再利用が可能です。

〔災害工事における急速施工、崖崩れ防止工事〕                    

設置箇所以外での製作・詰石が可能であることから、土砂崩れの危険性のある現場等に最適です。

〔海岸捨石工、海岸根固め工〕                            

中詰め材を小さくできるため捨て石厚を薄くできること、また水中での均しなどが不要のため経済性に優れます。
水辺付近の施工においては、水替え工を必要としません。


〔土砂止め工〕

多段積み施行例1

 上記の写真は、鉄筋式ふとんかご(アイアンボックス)により砂防堰堤を構築した実例です。
 多段積みにおいても変形しないこと、また排水性に優れる利点を生かしています。


 詳細図(DXFファィル)をご用意しています。「砂防堰堤」計画図のダウンロードはこちら。


〔水中配管保護工〕

水中管保護工図面

   上図は水中配管周辺の基礎材充填工事において、陸上であらかじめ強化カゴ内に基礎材を充填した上で、
 クレーンにより水中へ投下し、設置する場合の計画断面図です。

   波力による材料の離散が防止できること、また鉄筋かごの剛性により波力による変形等が生じないため、
 確実な基礎材の充填が可能となります。


4.製品規格・価格

製品タイプ 鉄 筋 径
(㎜)
 網目 
(㎝)
 高さ 
(㎝)
  幅  
(㎝)
 長さ 
(㎝)
蓋の種類 鉄筋重量
(kg)
詰 石 量
(空㎥)
 価格(円)/組 
 H500金網蓋 13 15以内 50 120 200 金網 95 1.14 37,200
 H1000金網蓋 13 15以内 100 120 200 金網 145 2.28 52,800
 H500鉄筋蓋 13 15以内 50 120 200 鉄筋 130 1.14 42,200
 H1000鉄筋蓋 13 15以内 100 120 200 鉄筋 180 2.28 57,800


株式会社 渚技研 〒910-3645 福井県福井市笹谷7-158
TEL:0776-98-5570   FAX:0776-98-5575   e-mail:nagisa@nagisa-giken.com
Copyright 2000-2008 NAGISA GIKEN. ALL Rights Reserved.