水際線のトータルプランナー
株式会社 渚技研

sitemap

NETIS登録No.KK-120037(掲載期間終了技術)

1.間伐エース工法製品特徴

~小径間伐材を利用した安全・高能率・多用途な残存型枠工法~


   間伐事業により算出される小径間伐材は用途が狭く、販売価格の低迷からその多くが山中に切り捨てられている現状があります。間伐エース工法はこの間伐材を有効利用して間伐事業の促進と山林環境の改善に貢献する安価で高能率、高強度、多用途で周辺環境になじみやすい工法として開発されました。
   この工法は新技術情報システムに登録されました。NETIS登録No.KK-120037-A


治山・砂防ダム治山・砂防ダム ・残存化粧型枠として使用する。
・型枠の組立が簡単である。
・型枠の強度が高く、変形が少ない。
・専用取付金具の貫入爪とネジ釘により間伐材の
   脱落がない。
・縦材がコンクリート躯体の内部にある
 「かぶり対応」の金具を開発。
魚礁魚礁 ・コンクリート打設時の残存型枠工として使用
   する。
・1基当たりで大量の間伐材を使用出来る。
   (魚礁形状3.0m×3.0m×3.0mを1基制作する
   に際し、使用木材延長444m、材積8.3m3)
・魚礁に木材を取り付けることは、他の魚礁と
   比べて魚類の蝟集及び増殖に効果的である。
木製法留工木製法留工(補強土壁) ・前面壁に間伐エース工法を利用する。
・背後に補強材を使用する場合は間伐材と専用
 取付金具で挟み込んで固定する。
木製水路工木製水路工 ・従来の木製水路(縦材支持番線で横材固定)と
   間伐エース工法の木製を比較すると
   ①通水断面部分に流れを阻害する縦材がなく、
      維持管理が容易となる。
   ②組立が簡単である。
   ③草刈り時、番線で怪我をしない。

各種間伐エース工法の適用にあたっては、間伐エース工法協会、又は渚技研にご相談ください。

間伐エースのカタログはこちら「間伐エースカタログダウンロード」

  

2.製品ラインナップ

間伐エース専用取付金具は、固定する縦材(リップ溝形鋼)と加工木材の種類等により異なります。使用の際はご相談、ご確認ください。

・A型 ・・・・・100×50リップ溝形鋼と二面挽木材

・As型・・・・・100×50リップ溝形鋼と三面挽木材

・Bf、Bb型・・・75×45リップ溝形鋼と二面挽木材

・Bsf、Bsb型・・75×45リップ溝形鋼と三面挽木材

・C型 ・・・・・隅角部

・D型 ・・・・・井桁組等の交差部及び補強材と木材の取付部

   ・K型・・・・・75×45リップ溝形鋼と三面挽木材(縦材のかぶり対応形金具)

・Z1型 ・・・・・段積み最上段木材を側面から固定(天端金具)75×45リップ溝形鋼

   ・Z2型・・・・・段積み最上段木材を側面から固定(天端金具)100×50リップ溝形鋼
株式会社 渚技研 〒910-3645 福井県福井市笹谷7-158
TEL:0776-98-5570   FAX:0776-98-5575   e-mail:nagisa@nagisa-giken.com
Copyright 2000-2008 NAGISA GIKEN. ALL Rights Reserved.